この世に生まれた赤ちゃんは、
まず、空腹、眠い、オムツの不快などの欲求を泣いて訴えます。

やがてお母さんの優しい声とぬくもりを土台に
その欲求を満たしてくれる存在が
自分にとって特別な存在なんだと認識し始めます。

心地よい安心感の中で、
泣くことに応えてもらう日々を繰り返しfumira_mamababy2_soft
お母さんとの信頼関係を積み上げます。
やがて、親は自分のことを受け止めてくれる
かけがえのない存在だと確信していきます。

「甘えて泣く」ということは
お母さんを信頼しているからこそのことで
親子の信頼関係がしっかり築かれている証でもあります。

また、月齢が大きくなると
甘え泣きは自己主張、自我の芽生えが関係していることが多いので
甘え泣きを受け入れると
「わがまま」になってしまうのではないかと思われがちですが
甘え泣きの背景には「寂しさ」も潜んでいることもあります。
まずは、その気持ちが理解できるよう
子どもをしっかり抱きしめてあげましょう。

甘えたいときに受け止めてくれる存在がいることが
子どもの心の支えなのです。

そうは言っても
仕事や家事に追われ、気持ちに余裕がなくなっていると
子どもの泣き声に
胸が苦しくなってしまうこともあるかと思います。

そんな時は空を見上げて大きく深呼吸をしてみてはいかがですか。

だから「おかあさん だいじょうぶ!」

甘えを受け止めることは、親子のきずなを深めることなのです。

福島隣保館保育所 保育士