当協会について

  • HOME »
  • 当協会について
法人案内情報公開苦情解決

設立経過

社会福祉法人福島市社会福祉協議会が昭和27年5月設立以来経営してきた施設(保育所5ヶ所、老人ホーム1ヶ所)を分離し、社会福祉施設経営専門の法人として、昭和56年1月8日社会福祉法人福島福祉施設協会を設立しました。

施設概要

協会本部外観

名称
社会福祉法人 福島福祉施設協会
代表者
会長 木村六朗
設立年月日
1981年1月8日
役員
理事6名、監事2名
所在地
〒960-8166 福島県福島市仁井田字龍神前2-1
電話番号
024-545-3221
FAX番号
024-546-5158

沿革

■昭和55年4月
法人設立認可申請書を提出
■昭和55年12月
厚生大臣より設立認可(第1062号)
■昭和56年1月
設立登記
■昭和56年2月
業務開始
■昭和56年3月
母子ホーム廃止
■昭和57年4月
飯坂保育所開所
■昭和59年4月
福島市東浜児童センター開所
■平成元年4月
福島市野田児童センター開所
■平成3年10月
福島恵風園デイサービスセンター事業開始
■平成6年4月
福島市蓬莱児童センター
福島市清水児童センター
福島市渡利児童センター
福島市渡利介護支援センター
福島市渡利デイサービスセンター
わかば子育てセンターの受託経営
■平成12年4月
わたりふれあい居宅介護支援センター事業開始
■平成13年3月
福島市渡利介護支援センター廃止
■平成13年4月
わたりふれあい居宅支援センターをめぐみの風居宅介護支援センターに名称変更
■平成15年10月
福島市わたりふれあいセンターの受託経営
■平成18年4月
福島市蓬莱児童センター
福島市清水児童センター
福島市渡利児童センター
福島市わたりふれあいセンター
福島市の公の施設に係る指定管理者となる
■平成18年7月
ホームヘルパーステーションめぐみ事業開始
■平成19年4月
せのうえ子育て支援センター受託経営
■平成29年4月
いいざか子育て支援センター受託経営

交通アクセス

【所在地】    〒960-8166 福島県福島市仁井田字龍神前2-1
【アクセス方法】 福島駅西口より土船行きバス「仁井田」下車徒歩8分

情報公開

定款等

定款(H29.4.1) (2017-4-1・360KB)

役員等報酬規程 (2018-4-1・139KB)

役員等名簿 (2017-6-30・59KB)

事業報告

平成29年度 事業報告書 (2018-06-30・563KB) 平成29年度 事業報告書附属明細書(2018-06-30・101KB)

平成28年度 事業報告書 (2017-06-30・797KB)

平成27年度 事業報告書 (2016-06-10・524KB)

平成26年度 事業報告書 (2015-06-23・507KB)

平成25年度 事業報告書 (2014-05-31・507KB)

決算報告

平成29年度 現況報告・計算書類等はこちらからご覧ください。

平成28年度 決算報告 (2017-6-30・314KB)

平成27年度 決算報告 (2016-6-10・670KB)

平成26年度 決算報告 (2015-06-23・362KB)

平成25年度 決算報告  (2014-05-31・300KB)

職員の子育てサポート

社会福祉法人福島福祉施設協会行動計画(第2回)

職員が仕事と子育てを両立することができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

計画期間

平成26年4月1日から平成31年3月31日までの3年間

計画内容

【目標1】

育児休業後に職員が復職しやすくするため、休業中の職員に資料送付等による情報提供を行う
制度を平成28年3月31日までに導入・実施します。

<対策>

平成26年10月から 職員意識調査、検討開始
平成27年4月 制度導入及び職員への周知、
平成27年10月 制度導入後の職員の意識調査

【目標2】

多様な働き方に対応するため、短時間正規職員制度の導入・定着を図ります。

<対策>

平成26年4月から 短時間正規職員制度検討委員会の設置、検討開始
平成28年3月 短時間正規職員制度の制定及び職員への周知
平成28年4月 短時間正規職員制度の導入開始

苦情解決

社会福祉法人福島福祉施設協会では、利用者・保護者・ご家族等の皆様からのご意見やご要望に適切に対応するための仕組みを整えております。お気づきのことがあれば、小さなことでも結構ですのでご要望ください。

目的

当法人の提供する福祉サービスにかかる利用者等からの苦情を的確に解決し、福祉サービスに対する利用者の満足度を高め、利用者個人の権利を擁護するとともに、利用者が福祉サービスを適切に利用するとこができることを目的としています。

解決の体制

当法人の提供する福祉サービスにかかる利用者等からの苦情を的確に解決し、福祉サービスに対する利用者の満足度を高め、利用者個人の権利を擁護するとともに、利用者が福祉サービスを適切に利用するとこができることを目的としています。

1 施設の体制について

利用者等の皆様方が苦情の申し出をしやすいよう、施設長を苦情受付責任者、主任等各施設職員1名を苦情受付担当者として配置し随時受け付けています。また、法人本部でも随時受け付けています。

2 第三者委員について

中立・公正性を確保して苦情を円滑・円満に解決するため、3名の方に第三者委員を依頼しております。第三者委員は各施設に掲示してあり、苦情の直接の受付の他、話し合いの立会いや助言等をすることができます。また、定期的に苦情解決結果について第三者委員に報告し、必要な助言を受けています。

3 福島県運営適正化委員会のご紹介

当法人内で解決できない場合は、福島県運営適正化委員会に申し立てることができます。

福島県運営適正化委員会

〒960-8141 福島市渡利字七社宮111番地福島県総合社会福祉センター2階
社会福祉法人福島県社会福祉協議会内
電話番号・FAX番号024-523-2943

苦情の相談・受付

  1. 面接、電話、FAX、書面等で苦情受付担当者が随時受け付けます。
  2. 当ホームページの「お問合せフォーム」からも随時受け付けています。
  3. 苦情解決責任者である施設長へ直接申し出ることもできます。
  4. 第三者委員へ直接申し出ることもできます(連絡先は各施設に掲示してあります)。
  5. 当法人で解決できない場合は、福島県運営適正化委員会へ申し立てることができます。

苦情受付の報告・確認

苦情受付担当者は、受け付けた苦情を書面に記録し苦情解決責任者と第三者委員(苦情の申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除きます)に報告します。第三者委員は申出人に対して、苦情の報告を受けた旨を通知します。

苦情に向けての話し合い

苦情解決責任者は申出人との話し合いによる解決に努めます。その際、必要に応じて第三者委員の助言や立会いを求めることができます。

解決結果の公表

平成27年度

平成28年度

平成29年度

個人情報に関する事項及びその他の社会通念上不相応と思われる事項を除き、苦情解決の結果を公表し、福祉サービスの改善に努めます。

PAGETOP
Copyright © 福島福祉施設協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.